お客様と当社の間に投資一任契約(当社が、お客様からの投資判断の全部または一部を一任されるとともに、その投資判断に基づきお客様のために投資を行うのに必要な権限を委任されることを内容とする契約)を締結し、契約内容に基づき、お客様の資産をお客様に適した戦略を有するファンド等を通じて運用します。

【投資一任契約に係る報酬について】

1. 投資一任契約報酬(年次): 原則として固定額をお支払いいただきます。
   
※契約資産額と運用内容に応じ、個別に設定させていただきます。そのため、事前に上限額等を表示することがで    きません。

2.  その他の費用等
     
投資一任契約に基づき、個別ファンドへ投資する場合には、間接的に下記の費用を負担していただくことになります。(ファンドの運用者が当社である場合、下記(1)及び(2)の報酬を受領します。)

※ファンドにより料率等が異なるため、また(3)は運用の状況により変動するため、事前に上限額等を表示することができません。

 (1)運用報酬(年次):純資産総額に固定料率をかけて計算

2)成功報酬(年次):運用成績に固定料率をかけて計算

3)有価証券売買委託手数料

4)管理会社・監査に対する諸費用等

 

~運用戦略のラインナップ~

UMJ コトシロ ファンド (日本株ロングショート戦略)

インベストメント・マネージャー
ユナイテッド・マネージャーズ・ジャパン株式会社

日本の上場株式を主な投資対象とし、主にボトムアップによる銘柄選択によってロング及びショートの銘柄選定を行っています。基本的には長期的な視点に立って企業価値を判断し、その企業価値と現在の時価総額との差を主要な要素と捉えて、ロング及びショートのポートフォリオ構成銘柄として選んでいます。その他マクロ的な観点、テクニカル要因、銘柄の流動性、インフォメーション・フロー等々の様々な要素も加味してウェイト付けし、実際のポートフォリオを構築します。
また、ロングサイドとショートサイドのボラティリティのコントロールを行うことによって、ファンド全体のリスクを抑えています。アルファが主なリターンの源泉となっており、市場との相関性の低いプロダクトになっています。

VPL-I Trust (フレンドリー アクティビスト 戦略)

インベストメント・アドバイザー
株式会社ヴァレックス・パートナーズ
(関東財務局長(金商)第571号)
 
日本市場の中堅上場企業を主な投資対象とし、真の価値に対し著しく割安に放置されていると考える企業に投資を行います。投資先企業の割安解消や真の価値成長の為、超長期的な株主として様々なサポートも行います。
 

UMJ ガレーラ ファンド (日本株ロングショート戦略)

インベストメント・アドバイザー
ガレーラ・インベストメント株式会社
(関東財務局長(金商)第2390号)

日本株の上場株式、先物やオプションなどのデリバティブを駆使して、魅力的な絶対リターンを創出することを目指す日本株ロングショート戦略。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を組み合わせた手法で運用を行います。

Myojo ジャパン L/S アンド ショート バイアス アーク ファンド (日本株ショートバイアス戦略)

インベストメント・アドバイザー
ミョウジョウ・アセット・マネジメン株式会社
(関東財務局長(金商)第1094号)

米国は量的金融緩和終了から金融政策正常化、日本は大規模量的緩和継続という金融政策の方向性から、円安ドル高進行は継続しています。過度な円安ドル高進行は、日本経済や日本の企業業績に悪影響を及ぼし、日本株の下落に繋がります。
以上の見方から、円売りドル買いポジションとショートバイアスでの日本株ロングショート戦略を組み合わせた運用戦略を採用しています。
 

ビスタマックス クラシキ JLSファンド (日本株ロングショート戦略)

インベストメント・アドバイザー
ビスタマックス・ファンド・アドバイザーズ株式会社
(関東財務局長(金商)第987号)

日本株の上場株式、先物のロングショート戦略により、ダウンサイドリスクが小さくかつ高い絶対リターンを目指します。市場分析や定量分析によりマーケットで生起している様々なトレンドを把握し、それらの持続性についての判断からトップダウンでポートフォリオを組み立てます。
 

スーパー・サイクルファンド (日本株ロングショート戦略 テクノロジー全般・製造業フォーカス)

インベストメント・アドバイザー
ながら・アセット・マネジメント株式会社
(関東財務局長(金商)第586号)

国内外のテクノロジー企業・製造業全般のボトムアップ調査に基づき、これらの最終製品、中間製品、原材料、及び各設備投資、技術サイクルの分析を行います。各エリアにおけるトップダウン分析をマクロ経済分析に活用します。これら調査、分析結果に基づき、ロング、ショートポジションを構築し、株式式場の変動に依存しない安定した運用収益を目指します。